アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
防音素材 防音性の高い部屋

防音工事のレベル

工事

もちろん最初に家を建てると言う時だけではなく、リフォームとしてもすることができますので、今までは周囲に気を使って音楽を楽しんでいたと言う人も、これで心置きなく音楽を楽しめるようになるのです。
防音はその防げる音によってレベルが分かれいますから、リフォームで工事をするときにはどういった音を防ぎたいかをはっきりさせるようにしましょう。
例えば子供が騒ぐ声を防ぎたいと言う程度でしたら、工事も簡単なものになりますし、費用も安く済みます。
音楽を楽しみたいとなった場合にはもう少し高くなります。

またもっとも高くなるのはドラムのような低音で振動が大きいものの音を防ぐ時です。
この場合には最高レベルの技術が必要となりますから費用も高くなります。
このようにリフォームで防音工事をする時には、そのレベルによって費用が変わるのでまずは防ぎたい音がどの程度のレベルかを理解して業者に伝えましょう。

音楽が好きならば

高速道路 工事

音楽が好きな人にとっては防音は大切ですね。
例えばマンションなどで暮らす場合には隣と壁が一枚で繋がっていますから音漏れが気になって、好きな音楽を楽しめないと言う人も多いでしょう。
最近は騒音問題もうるさいですから、気をつかわなくてはいけない世の中になってしまいました。

しかしそれでも音楽を思い切って楽しみたいと言う人はどうすれば良いでしょうか。
一番良いのは思い切ってリフォームをして防音工事をしてしまう事です。
防音工事は壁の間に特殊な防音材を使う事によって音漏れを防ぎます。
言ってみれば自宅がスタジオのようになるのです。

防音のための工事

ショベルカー

2階からの足音が気になる、楽器をやっているので隣近所への音漏れ対策をしたい、また外の道路などからの騒音がうるさいなど、住居においての防音リフォームの需要はますます拡大してきています。
自分で吸音材を壁に貼ったり、ゴムシートをカーペットの下に敷いたりといったことでも多少の効果はあるものの、それほど劇的に変わるものではありません。
効果の高い防音をするには、やはり専門のノウハウを持つプロによる工事を行うのが最も近道といえます。

一口に防音といっても簡単ではありません。
分厚い板で囲いをすればよいといった単純なものではなく、「吸音」と「遮音」という2つの要素をバランスよく、かつ丁寧に施工しなければなかなか高い効果が得られません。
そして目的や状況によって、用いられる施工方法や資材は様々で、床や壁、天井、窓、そしてドアにも各部位に合わせた技術で工事しなければなりません。
また防音用資材はかなりの重量になるため、床や建物の強度も計算に入れておく必要があります。

このような防音リフォームをするには、まずその目的をはっきりさせておくことが大切です。
どんな音をどれぐらいの減衰量(音を小さくさせる)にするかを明確にして、それに沿った工事を行います。
たとえば音の大きな楽器の練習音を漏らさないようにする工事だと、部屋全体にかなり本格的なリフォームが必要になります。
2階の足音対策なら、床と天井に主に防振素材を用いた施工をすることになります。
このように状況に応じた対策を効果的に施工するため、リフォーム業者にはその目的やコンセプトをしっかりと伝えることが大切です。